東京バイシクル

「電動アシスト自転車」と聞くと、車体が大きくて重たくて管理しずらい・・というイメージを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ひとことで電動アシスト自転車といっても、シティサイクルのようなタイプから子乗せ、ミニベロ(小径)タイプ、スポーツモデルまで、幅広い種類があります。また、最近では電動アシスト自転車の需要も増え、車体もスタイリッシュでデザイン性も豊富なラインナップが多く見られるようになりました。それぞれの特徴や性能なども詳しく見ながら、自分にピッタリの電動アシスト自転車を見つけてみましょう!

電動アシスト自転車とは?

電動アシスト自転車とは、車体にモーターバッテリーが搭載され、人のこぐ力に応じて、モーターが補助(アシスト)してくれる自転車のことです。坂道運転をしたり、重い荷物や子供を乗せることを想定しているので、脚力が弱い人でもバッテリーの補助によって楽に走ることができます。

以前は「電動アシスト自転車=子供乗せ自転車」のイメージがありましたが、最近では使用する用途に合わせてラインナップもグンと広がり、サイズやデザイン性も豊富なので、若い方からシルバー世代まで幅広く愛用され、需要も年々増加傾向にあります。

 

電動自転車と電動アシスト自転車の違いは?

「電動アシスト自転車」は、ペダルをこがなければモーターが作動しない自転車のことです。時速24km以上になると電動モーターによるアシストができなくなります。また、「駆動補助付自転車」とも呼ばれており、規定の車両基準を満たした製品だけが型式認定を受けることが可能です。道路交通法上では普通の自転車と同様に扱われます。国内大手メーカーパナソニック、ブリヂストン、ヤマハから発売されているのはこの電動アシスト自転車です。

一方、「電動自転車」は、ペダルをこがなくてもモーターの動力だけで走行できる自転車のことです。しかし道路交通法上では自転車ではなく、原動機付自転車または自動二輪に分類されます。そのため、運転する時は運転免許および自賠責保険への加入が必要です。当然、ヘルメットを着用しなくてはならず、歩道を走行できません。電動アシスト自転車と区別するため、フル電動自転車と呼ばれることもあります。日本ではあまり流通しておらず、販売元は海外メーカーがほとんどです。

一般的に子乗せやシティサイクル用に販売されている多くは免許が不要な「電動電動自転車」になるかと思います。「電動自転車」を購入の場合、原付免許が必要となりますので、購入の際はきちんと確認して購入するようにしましょう!

電動アシスト自転車のメリット

とても楽

とにかく漕ぎ出しが軽く、もはやバイクみたいな感じで自動的に進む感じさえあります。荷物を沢山積んで買い物する方や、足腰が弱っているご年配の方はとても快適に感じるでしょう。向かい風であっても結構な上り坂であっても苦にならず走行できます◎

電力なので環境に優しい

もう一つのメリットは電力で動くことです。
原付などはガソリンなので少なからず空気を汚してしまう反面、電動アシスト自転車はほとんど音が出ないうえ、電力なのでガソリンスタンドによる必要もありません。電動自転車はお財布にもエコな自転車なのです。

電動アシスト自転車が活躍しているシーン・用途

通学や通勤

電動アシスト自転車を通勤通学で利用する人が増えています。満員電車にうんざりの方はストレスも軽減、有酸素運動に役立つので健康面でのメリットもあります。

旅行

ちょっとした距離のおでかけや小旅行に電動アシスト自転車でそのまま現地へ向かったり、あるいはコンパクトタイプや折り畳めみ式の電動アシスト自転車を車へ積み、現地で活用することによりちょっとした交通費や歩く時間も削減されます。

保育園の送り迎え

もはや電動アシスト自転車の主流になっている用途ではありますが、子供を乗せても負荷が少なくスムーズに運転が可能なことから、子供乗せ電動アシスト自転車は大変人気です。

普段の生活に

こぐ力をサポートしてくれる電動アシスト自転車は、普段のお買い物やちょっとした用事にも最適です。重い荷物を載せてもスムーズに運転できるので、体への負荷が軽減されます。

レジャーに

優れた機能性と、スタイリッシュなデザイン性を兼ね備えたスポーツタイプの電動自転車やであれば、砂利道や坂道もすいすいスムーズに。スポーツバイクを趣味として楽しみたい人にもおすすめで、男性を中心に人気を集めています。