雨の日の電動アシスト自転車について

電動アシスト自転車は、長距離や坂道を走る機会のある人や通勤、通学などに毎日利用している人は、運転が天気の良い日だけとは限らないかと思います。そもそも、「電動アシスト自転車って雨の日でも大丈夫なの?」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は電動アシスト自転車が雨や水に濡れた時、安心して使用するための注意点と対応策をご紹介します。

雨の日に電動自転車の運転はできるの?

結論から言うと、電動アシスト自転車は雨の日でも乗ることが可能です。電動アシスト自転車の心臓部であるバッテリーやモーターなど濡れてはいけない部分は、基本的には防水加工がされています。その他のセンサーやスイッチ部分などはメーカーにもよりますが、多少濡れる程度は問題ありません。

とはいえ、どしゃぶりの雨の中を走るのはスリップによる転倒の危険や、ブレーキの利きが悪くなるなどの安全性の問題が出てくるので注意が必要ですが、その点も電動自転車に限らず、普通の自転車と同様の扱いです。

駐輪の際の注意点

駐輪の際も通常の自転車同様で、特に意識することはありません。

充電の際はバッテリーを外すことになりますが、端子がむき出しになっていても問題ないとメーカー各社がアナウンスをしています。

注意するのは完全にバッテリーが水没してしまうような場合です。

もし屋外で雨ざらしになることが気になるようでしたら、自転車ごとカバーで覆ってしまうのがおすすめです。

雨が原因で故障になるケース

電動アシスト自転車を雨天時に使用する際、雨の降り方や自転車の使い方によっては、浸水によって自転車が故障することがあります。故障を防ぐため、雨の日の注意点とポイントを紹介します。

大量の雨が降った場合

集中豪雨などで大量の雨が自転車にかかった場合は、電動アシスト自転車の防水性能を超えてしまう可能性があります。大雨警報が出ていたり、途中で大雨が降ってきたといった場合には、電動アシスト自転車の使用は控え、電動アシスト自転車を雨が当たらない場所に置くか、雨よけカバーを付けるなど、自転車に大量の雨がかからないようにしましょう。

強風などで自転車が倒れてしまった場合

台風の時、電動アシスト自転車を屋外に保管している場合は、強風によって自転車が転倒する恐れがあります。自転車を倒れた状態のまま放置していると、バッテリーやモーターが大量の雨にさらされたり、水たまりに浸かったりしてしまうことがあります。バッテリーやモーターが浸水すると、電気系統に異常をきたす場合がありますので注意が必要です。
台風の時は、なるべく屋根があり、雨水や風から車体を守れる場所に保管することをおすすめします。

電動自転車のおすすめの保管方法

いくら防水とはいえ、電動自転車が頻繁に雨に打たれる環境は好ましくありません。これは、通常の自転車でも同じです。

屋内で保管している場合は雨に濡れる心配はありませんが、マンションの駐輪場や自宅の庭など、場所によっては電動アシスト自転車が保管中に雨に濡れているケースもあるでしょう。屋外に駐輪している場合は、たとえ駐輪場に屋根がついていても、強い雨が降ったり雨が横から吹き込んだりして自転車が雨に濡れる場合も少なくありません。

電動アシスト自転車には生活防水機能がついていますが、自転車の劣化を避けるためにも、できることなら雨に濡れないに越したことはありません。屋外に駐輪していて、自転車が雨晒しになっている場合は、駐輪時にサイクルカバーを使うことをおすすめします。

カバーを選ぶ時のポイント

  • 車体の大きさに合ったもの
  • 撥水加工のあるもの
  • 風などで飛ばされないように、しっかり固定できるもの

サビ防止になるだけでなく、防犯にも役立つので雨よけカバーはかぶせておいたほうがいいでしょう。

雨を防げるおすすめのカバー

Active Winner 自転車カバー

¥1,990

  • 水が入らないように撥水加工が施されている
  • 立体構造でスッポリと被せられて雨にさらされる心配がない
  • 雨に限らず直射日光、風、ホコリ、ゴミからも自転車をブロックできる

Amazonで買う

ACTIVE WINNER 自転車カバー 子供乗せ 前後子供乗せ対応 サイクルカバー ラージサイズ(収納バック付)

¥ 2,430

  • 子供乗せ電動自転車に対応
  • 通常の自転車にも使用可能だから便利!
  • 裾の前後がゴムのため、スポッと被せ楽々!風にも飛ばされません!

Amazonで買う

雨の日も晴れの日も、電動アシスト自転車で快適な毎日を

電動アシスト自転車は、雨の日にも使用できるように作られていることがわかってもらえたでしょうか。これで安心して雨の日も電動アシスト自転車に乗ることができますね。雨の日は、路面が濡れてタイヤが滑りやすく転倒の恐れがあります。スピードの出しすぎには気をつけて、安全運転を心がけましょう。

雨でも大丈夫な電動アシスト自転車ですが、故障を防ぐためにも大量の水に濡らさないように注意してください。「ひどい雨の時には使用を控える」「転倒した状態で水に濡らさない」「駐輪時はサイクルカバーを使用する」といったことに気をつけて、電動アシスト自転車に安全に長く乗ってくださいね。